中国語を独学で習得するべきか。それとも中国語教室に通うべきか。

スポンサーリンク
中国語 独学 教室中国語学習方法

この記事に必要な時間は約3分52秒です。

中国語 独学 教室

「中国語くらい独学でも十分やで!」そんなあなたはこの記事必見です。
 
 
大家好!タズです。
 
多くの方が悩むと思いますが、中国語の習得は独学でできるのか、それとも中国語教室に通って上達させるのかという問題があります。
 
僕は中学生に上がる前まで池袋にある中国語教室に通っていました。また大学に入ったのちに一念発起し、独学でイチから中国語を勉強し直しました。

関連記事:『中国語とは一体どんな言語なのか?中国語の基礎について。

なので、中国語の独学と中国語教室に通うメリットとデメリットがわかります。
この記事では、中国語の習得は独学でできるどうかについて、書きたいと思います。
スポンサーリンク

中国語は独学でもある程度のレベルまでは習得できる

中国語の習得は独学で可能かという疑問に関しては、結論からいうと独学で中国語の習得は可能です。しかし、そこには中国語を習得したいという強い意志と工夫が必要になります。

強い意志をもって中国語の独学を続けた場合、中国語検定2級であれば十分合格できると思います。

しかし、例えば中国語の発音をさらに向上させたい場合や、相手との会話をもっとスムーズにしたい場合は独学ではなく教室に通った方が効率が良いこともあります。

関連記事:『スカイプで中国語のオンラインレッスンに挑戦。おすすめスカイプご紹介。

さらにHSKの口頭試験中級、高級の合格や中国語の翻訳または通訳を目指したい方は、やはり教室にしっかり通って学ぶのが1番の近道だと思います。

特に何事も最初が肝心で、独学で間違った学習方法や発音を続けて、それが染みついてしまうとなかなか修復が難しい事態に陥ることがありますので、注意が必要です。

中国語を独学で習得するメリット5つ

中国語の習得を目指して、独学を続けることには以下のようなメリットがあります。

  1. 独学だと中国語教室のお金がかからない
  2. 独学は周りを気にする必要がないので、自分のペースで中国語の学習ができる
  3. 中国語の学習意欲が高い場合は、自分に合う勉強法を確立することができる
  4. 会社や学校の隙間時間を利用して、効率的に中国語の学習を進めることができる
  5. やらされているわけではないので、自発的な中国語の学習を経て、独学による強い達成感が得られる

やはり、独学で中国語を習得する場合は中国語教室に通うお金が節約でき、かつ自分のペースで中国語を学習することができる点が魅力的ですよね!

関連記事:『中国語でよく使われる挨拶をご紹介。ニーハオ以外のフレーズは?

中国語を独学で習得するデメリット5つ

しかし、中国語の独学での習得には以下のようなデメリットもあるので要注意です。

  1. 中国語の間違った学習をしていても、訂正してくれる人がいない
  2. 中国語初心者は、そもそも独学でどのように学習したら良いか分からない場合がある
  3. 教材や参考書などを手当たり次第に買ってしまい、結局費用が高くついてしまう
  4. 独学のため一緒に学習する人がいないので、中国語学習のモチベーションが続かない
  5. 特に正しい中国語発音の定着に時間がかかってしまう
ただし、今ではYouTubeでも中国語を扱うチャンネルが多く、独学でも自分の間違いに早く気づき、修正することができます。
 
 
僕の場合は、独学では国語のDVDや映画などを見て、自然と語彙や言い回しを覚えていきました。
最初は字幕は日本語で問題ありません。意外と楽しく中国語を学べるので独学におすすめですよ。
 
個人的に思うのは、中国語を習得して活用したいという意志があれば、中国語教室に通わず、独学でも十分に中国語検定やHSKなどの資格を取ることができます。
 

独学ではなく、中国語教室に通う意味はあるのか

それでは中国語教室に通うことは無意味なのでしょうか。
 
まだ中国語の勉強方法が確立していない方や自分の中国語のレベルがどれくらいか分からない方は、独学よりも初めは中国語教室に通った方がいい場合もあります。
 
中国語教室に通うメリットとしては、なんといっても先生が正しい中国語の勉強方法を教えてくれ、間違った発音はすぐに訂正してくれる点でしょう。
 
一緒に中国語を学習する仲間も多いので学習のモチベーションが上がり、よきライバルとして互いに高め合うこともできます。
 
 
中国語の教室はもちろんただではありません。教室によっては数千円から数万円かかることもあります。しかし、先生について学習するということは、それだけの効果があるということでもあります。
 
教室に足を運ばなくても、今はオンラインレッスンが気軽にできる時代です。
 
まずは、無料体験をしてみるのもいいと思います。

最後に

中国語の独学での習得は可能です。しかし、中国語の学習を始めたばかりの時は、しっかりと中国語の基礎を作る意味でも、中国語教室やオンラインレッスンを利用するのもいいかもしれません。
個人的には、独学にしても教室にしても、中国語を継続して学習する強い意志が大事だと思います。継続は力なりです!
 
 
タイトルとURLをコピーしました