中国語資格

中国語検定やHSKなどの語学資格について、わかりやすく紹介するカテゴリーです。

スポンサーリンク
中国語資格

【最新2021年】HSKの試験日程まとめ。受験料から学習のコツまで教えます。

HSKを受けてみたいけど、試験日程や申し込み方法が知りたい。できればおすすめの教材も教えてほしいな。HSKの受験を考えている方へ、申込受付期間、試験スケジュール、申込方法、受験料などをご紹介しています。また、おすすめ教材や学習方法についてもわかりますよ!
中国語資格

【保存版】HSKのおすすめ参考書を徹底比較。早めに決めてやり込むべし。

「HSKを受けたいけど、どの参考書がいいか分からない」こういった質問や相談を受けることが多いです。この記事では、筆記試験6級や口頭試験高級をはじめ、HSKを複数回受験した僕の経験とレビューなど客観的な評価を総合して、HSKの参考書を徹底比較します。
中国語資格

【2020年】HSKの試験日程まとめ。受験料から学習のコツまで教えます。

この記事では、2020年のHSKの日程、申込方法、受験料さらには学習方法について書きたいと思います。最後にはHSKを受験する方に、役立つ情報を載せたいと思いますので、どうぞお付き合いください。大家好!タズです。「中国語の資格を取りたいんだけど、何がいい?」
中国語資格

【2020年】中国語検定のおすすめ参考書を徹底比較。自分に合う一冊をじっくり取り組むべし。

「中国語検定を受けたいのですが、どの参考書がおすすめでしょうか」と聞かれることが多いです。この記事では、中国語検定を多数受け、いろいろな参考書を試してきた経験をもとに、情報をシェアします。僕自身、中国語検定とHSKの資格を取ってから人生が変わりました。
中国語資格

【2020年】中国語検定の日程まとめ。申し込み方法と受験料を比較しました。

3月22日(日)に予定しておりました中国語検定試験は中止となりました。つきましては、記念すべき第100回試験は6月28日(日)に延期となります。これから中国語検定を受けてみたいという方は、この記事で日程、申し込み方法、受験料等をご確認いただき、是非受験を検討してみてください。
中国語資格

就職や転職に有利な中国語の資格をご紹介。履歴書で注目される資格とは?

実際に、転職や就職で有利になる中国語の資格は存在します。この記事ではどうやってその資格を取得し、なぜその資格が転職や就職に有利なのかを書きたいと思います。是非中国語の資格を取得し、履歴書に書いて転職や就職を勝ち抜きましょう!
中国語資格

中国語検定 3級の試験問題をご紹介します。中国語は根気よく習得しよう。

中国語検定3級では基本的な文章の読み書きや簡単な日常会話ができることが求められます。また1000~2000程度の語彙力も求められます。この記事では中国語検定3級がどのような試験問題かをご紹介します。
中国語資格

中国語検定 3級の出題傾向や学習方法をご紹介。おすすめの教材は?

中国語検定4級を受験された方は、お疲れ様でした。そして、合格おめでとうございます!この調子で3級も一気に合格しちゃいましょう。中国語検定を初めて受験される方、計画的に学習すれば、初級者でも中国語検定3級は問題なく合格できます。「計画的に」がポイントですよ。一緒に頑張りましょう!
中国語資格

中国語検定準4級の難易度、合格率、出題傾向を把握しよう。迷わず挑戦すべし。

いきなりですが、気になる中国語検定準4級の難易度について。ズバリ!「そんなに難しくない」です。もっと言うと、2週間頑張れば、90%以上の人が合格点に達すると思います。中国語検定で1番易しいのは準4級です。なにしろ、選択問題がかなり多いからですね。
中国語資格

中国語検定とHSK以外の中国語の検定試験

TECCという中国語の検定試験があることをご存知でしょうか。中国語検定とHSKは中国語の検定試験の中では有名で広く知られていますが、TECCについてはまだまだ認知度が低いので、ご紹介したいと思います。
中国語資格

HSKの日程や結果発表、申し込み方法のまとめ

2018年度では、34,000人を超える方がHSKを受験しており、これは10年前の6倍以上人数になります。いかに多くの方が、HSKに関心を寄せているか分かりますね。
中国語資格

中国語検定の日程や結果発表、申し込み方法のまとめ

最新記事:【2020年】中国語検定の日程まとめ。申し込み方法と受験料を比較しました。この記事では、中国語検定の日程や申し込み方法についてご紹介したいと思います。申し込み方法や日程を知ることはとても大切です。なぜなら、精神的な負担を減らすことができるからです。
中国語資格

中国語検定とHSKはどんな資格か。中国語を独学で習得する方法

何かと話題の中国ですが、年々中国語へと関心は高まり、学習したいという方が増えてきました。例えば、中国政府公認資格であるHSK(漢語水平考試)の受験者数はここ10年で6倍以上に増加しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました