中国語の資格を活かせる転職サイト・転職エージェント3選【迷うなら今すぐ登録すべし】

スポンサーリンク
転職 就職 中国語 英語 語学中国語転職

この記事に必要な時間は約5分53秒です。

「英語や中国語のスキルを活かせる業界に転職したい、転職に失敗しないコツが知りたい」

「語学を活かせる業界は?」
「おすすめの転職サイト、転職エージェントは?」
こういった疑問にお答えします。
スポンサーリンク

前書き

この記事で得られること
タズ
タズ

英語、中国語スキルを活かせる転職サイトが分かります。

さらに語学力を活かせる業界をご紹介します。

記事の信頼性
〇筆者自身の経験▶入社3年目で、中国語検定とHSKの資格を引っ提げ、転職市場に挑戦しました。
〇転職市場の現状▶中国語のニーズがますます高まっているのは事実。今後よほどのことが起きない限り、多くの業界にとって、中国は巨大市場であることには変わりありません。
本記事の内容

以下の3本構成です。

(1)中国語の資格を活かせる転職サイト、転職エージェント3選
(2)語学を活かせる業界をご紹介
(3)とりあえず転職サイトに登録した方がいい理由
では早速いきましょう!

中国語の資格を活かせる転職サイト、転職エージェント3選

ズバリ、どの転職サイトも大差なしです。
大手を複数登録しておきましょう。
リクルートエージェント▶転職成功実績No.1。専門コンサルタントによるサポートが充実、厳選された案件多数。まず登録して間違いない。

dodaエージェントサービス▶パーソルキャリアが運営する。転職のプロによるキャリアカウンセリングでは、自分の市場価値がわかる。たとえ転職しなくても、それが財産になる。

ランスタッド▶専任のエージェント。消費財、製造業、管理部門でハイクラスを目指す20代~30代の方にフォーカス。世界最大級の転職エージェント。国内でも屈指の成功実績。

転職が成功かどうかは、あなたと転職先の企業とのマッチング次第だからです。

とりあえず登録して、案件詳細を確認することはかなり有益です。
選択肢は多い方がいいですし、無料なので迷うなら今すぐ登録すべし。
 
僕自身、入社3年目にリクルートエージェントdodaエージェントサービスに登録し、転職活動した経験があります。
 
両社ともに親身に相談に乗ってくれて、多くの新着情報を提示してくれました。
 
またレジュメ(履歴書)作成は、自分のスキルを棚卸しするいい機会です。 
 
僕の場合は、複数の会社からオファーを頂きましたが、転職活動を進めていくうちに、元の会社の素晴らしさが見えて、結局に残りました。貴重な経験をさせていただき、転職活動してよかったと思っています。
 
そんなに多くの会社に登録しても、無駄だと思う方もいるでしょう。
 
気持ちはわかりますが、どうせ時間かけてレジュメを作るなら、コピペで複数社出した方がお得です。各社の強みも違いますし、どこで運命の会社に巡り合うか分かりません。
 
登録だけしておいて、情報が多くなりすぎるようでしたら、自分に合うエージェントと先に進めるのもよしです。
 
僕は担当者に恵まれましたが、ぶっちゃっけこればかりは登録してみないと分かりません…
 
なので、この記事で紹介する大手の転職サイト、転職エージェントに複数社登録することをおすすめします。人生大きく変わる可能性がありますよ。

語学を活かせる業界をご紹介

語学が生かせる業界はほぼ決まっています。
 
メーカー、総合商社、貿易事務、旅行会社、航空会社、IT業界などがいいでしょう。これからの時代、IT業界はおすすめです。
 
いずれも中国語の需要が高まっている業界です。
①メーカー 
▶海外進出企業多数、海外部門で活躍できる
②総合商社   
▶英語は必須、中国語あればなおよし
③貿易事務 
▶英語は必須、貿易相手次第で中国語必須
④旅行会社 
▶英語は必須、中国語あればなおよし
⑤航空会社 
▶英語は必須、中国語あればなおよし
⑥IT業界  
▶英語、中国語必須ではないが、あるとかなり有利(特に中国語)
中国は日本よりもIT先進国で、中国語が話せると情報がダイレクトで伝わることがあります。
 
中国人エンジニアと直接交流できるのは、かなりアドバンテージです。ITスキルは世界共通ですから。
 
僕自身の転職活動時は、リクルートエージェントdodaエージェントサービスを利用し、総合商社とメーカーを複数社受けました。
 
全体として、中国語ができると活躍できる業界が多い印象です。
   
英語、中国語の学習だけすれば、転職が有利になるのかという意見も出てきそうですが、大事なのは「語学+α」だと思います。
 
つまり、語学を使ってどういう働き方をしたいのかが大切なのです。転職活動で大事なこと、それはズバリ専門性ですね。
 
どんな業界であれ、働いた経験があれば、新卒とは違いますからね。
 
自分が何をしてきたのか、なぜキャリアアップしたいのかをはっきりさせたうえで、語学をアピールできればかなり強いでしょう。
 
今後ますます英語、中国語が必要になるでしょう。
 
登録後は、上記の業界以外の案件も見てみるといいでしょう。

とりあえず転職サイトに登録した方がいい理由

転職 就職 中国語 英語 語学
 
今すぐに転職サイトに登録しましょう。それも複数社登録が大切です。
重複になりますが、以下が理由です。
〇会社によって強み弱みあり、いい担当者に巡り合うのは運次第。
〇担当者と相互理解してこそ、いいマッチングが生まれるが、それには時間がかかる。
〇転職サイト登録でレジュメを書くが、それがスキルの棚卸しになる。
〇今現在の自分の市場価値に気づくことができる
僕は本気で会社を辞めようと思って、入社3年目で転職活動開始しました。
結果現在の会社に残りましたが、以下を得ることができたのです。
 
▶いろいろな業界で中国語が必要とされており、学習のモチベーションに繋がった
▶自分を必要としている企業があり、かなり自信になった
▶現在の会社が「優良会社」であると気づき、労働への考え方が変わった
 
転職活動をするのは、大変で面倒だと考える方も多いかと思います。
ただ、立ち止まって自分の人生を見つめる機会はそんなに多くないです。
    
転職する人もしない人も、「転職活動」に挑戦することをおすすめします。
とりあえず登録することから始めてください。

まとめ

転職サイト、転職エージェントは無料のところが多いので、とりあえず登録してしまいましょう。
 
リクルートエージェント▶転職成功実績No.1。専門コンサルタントによるサポートが充実、厳選された案件多数。まず登録して間違いない。

dodaエージェントサービス▶パーソルキャリアが運営する。転職のプロによるキャリアカウンセリングでは、自分の市場価値がわかる。たとえ転職しなくても、それが財産になる。

ランスタッド▶専任のエージェント。消費財、製造業、管理部門でハイクラスを目指す20代~30代の方にフォーカス。世界最大級の転職エージェント。国内でも屈指の成功実績。

悩んでも、時間ばかりは過ぎていくし、登録することで人生が大きく変わるかもしれないからです。
人生では珍しい、ノーリスクハイリターンな状況なので、登録しない理由がありません。
僕は転職活動をして本当によかった。
自分のスキルと市場価値を客観的に見ることができ、現在の会社の良さに気づいたからです。
自分や中国語スキルを必要としている会社が多いことを知り、自信に繋がりました。
確かにレジュメ作成には時間がかかり、面倒かもしれません。
ただ、人生に何度もない経験ですし、スキルの棚卸しという意味では、将来必ず役立つ作業だと思います。
レジュメは一度書いたら、コピペで複数社に提出できるので、意外と効率的ですよ。
ということで、少しでも迷ったら、今すぐ登録しましょう。
あなたを必要としている人たちがいるのです。
中国語転職
スポンサーリンク
タズをフォローする
スポンサーリンク
タズリッシュの語学塾
タイトルとURLをコピーしました